« たまには小太郎でも | トップページ | お手本に成るのか? »

2010年5月26日 (水)

追悼

ラッシャー木村と言えば「こんばんは」事件から始まる今のファンにはマイクパフォーマンス

オールドファンには国際末期の「金網の鬼」

デスマッチの連発で経営難の国際プロレスに終止符を打ったって言われてるけどラッシャー木村の性格的になんとか立て直す為に仕方無くやっていたって言うイメージが・・・

その前に新日に行ったストロング小林にも共通してどうも国際のエースはどこか「NO]と言えない「優しすぎる」プロレスラーって言うイメージが僕の中ではあります。

金網の鬼とマイクの間に挟まれ、タイガーマスクのジュニア黄金時代、長州、藤波名勝負数え唄、等々の新日黄金期の中に、埋もれ、忘れられがちですが、金曜8時ゴールデンタイムの一端を【はぐれ国際軍団】もちゃんと担っていたと思う。

噛ませ犬的なキャラクターのはぐれ国際軍団ものちにアニマル浜口と寺西勇は長州の平成維新軍に合流、アニマル浜口はマサ斎藤と共に長州を補佐する様なポジションに、寺西もジュニアヘビー黄金期のブームに乗り小林邦明らとタイガーマスクと名勝負を演じる。

そんな中1人晒し者の様にポッンと取り残されるラッシャー木村

ラッシャー木村にはコミカルなイメージを持つ人も多いけど僕には

やっと掴んだ団体エースの座、そして経営難から団体を守る為に望まない「デスマッチ地獄」へ、努力虚しく破たん、スター乱立の新日に乗込むもにはキャラ的にイマイチきついがそれでもエースアントニオ猪木を輝かせるスポットライトの様に自分の与えられた役割を元1団体のエースまで張った男が黙々とこなす。

僕には「ラッシャー木村」=「哀愁」とか「必死」「悲壮感」ってイメージが有ります

でもプロレス黄金期のストーリー「軍団抗争」や「日本人対決」「デスマッチ」なんかの先駆けラッシャー木村にはそんな先駆者的なプロレス牽引者的な1面もある事を覚えておいて下さい。

オールドプロレスファンとしてご冥福をお祈りします。

|

« たまには小太郎でも | トップページ | お手本に成るのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

深~い話ですね。
正直、国際時代の木村選手は、あまり印象に残っていません。ストロング小林、グレート草津、マイティ井上あたりは憶えているのですが・・・あと後の阿修羅原のデビュー戦は憶えているな。後は外国選手で初めてファンになったジョニーパワーズが初来日は国際だった気がするな~。そう考えると猪木&アニマルのおっさん達は未だに元気ですな~!

今週土曜は長女とDREAM14観戦です!
娘はKIDと所、俺は桜井マッハを応援してきます!

投稿: ナカジ | 2010年5月26日 (水) 20時25分

マイティ井上、阿修羅原・・・etc
懐かしいっすね~o(*^▽^*)o
アラ40世代はまだ土曜日は半日学校だったんで金曜8時にワールドプロレスリング見て次の日は朝から教室の後ろに集まって前日の技の掛合いしてたな~
懐かしいな~

投稿: 親方 | 2010年5月27日 (木) 18時52分

ご冥福?知らなかった・・・!
もう一つ前の、デストロイヤー!ビル・ロビンソン・ブラッシャー?豊登!懐かしい!
ごっちゃになっているが!

投稿: 魚鬼 | 2010年5月28日 (金) 17時47分

いや・・・(゚ー゚;
魚鬼さんそこら辺の年代は・・・
アラ40でなくてアラ5・・・で(^-^;

投稿: 親方 | 2010年5月28日 (金) 19時09分

残念なお知らせでした。

必ず、親方さんが記事にされると思っていました。
やっぱ、着眼点が違いますね。はい・・
読み込んでしまいまいた。

田コロでの「こんばんわ」はともかく、私は大好きなレスラーの一人でした。
晩年、馬場御大と楽しく前座で試合していたことも思い出されます。

今は、ご冥福をお祈りいたします。

投稿: まるる | 2010年5月28日 (金) 22時31分

今年の出撃計画をジャンボ鶴田の「試練の十番勝負」に見立てているまるるさんにとっては第2戦の対戦相手でもあるラッシャー木村は思い入れのあるレスラーの1人かと思います。o(_ _)oペコッ

投稿: 親方 | 2010年5月31日 (月) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541464/48464408

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼:

« たまには小太郎でも | トップページ | お手本に成るのか? »